メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > くらし・手続き > 人権 > 啓発活動 > 【コミュニティ別人権・同和問題研修会】7月は同和問題啓発強調月間です

【コミュニティ別人権・同和問題研修会】7月は同和問題啓発強調月間です

更新日:2024年7月01日

同和問題とは、同和地区(被差別部落)とよばれる地域の出身であったり、現在住んでいることを理由に誹謗中傷などの差別を受けたり、結婚や就職などの際に不利益を受けたりする、日本固有の人権問題です。

同和問題の早期解決を目指して、福岡県は昭和56年から毎年7月を「同和問題啓発強調月間」と定め、様々な啓発活動を行っており、大野城市でも啓発強調月間に啓発行事を実施し、差別をなくす取り組みを行っています。 

すべてのメッセージは「あなた」に向けて発信しています。どこかで啓発メッセージに接したときには、立ち止まり、メッセージに込めた想いを受け止めてください。

主催:東地区/北地区/中央地区/南地区コミュニティ運営協議会、大野城市、大野城市教育委員会
共催:大野城市人権・同和教育研究協議会(市同研)

目次

コミュニティ別人権・同和問題研修会

(1) コミュニティセンターで研修会を開催します

期日と会場(どの会場でも参加可)

  • 7月2日(火曜日) 東コミュニティセンター
  • 7月4日(木曜日) 北コミュニティセンター
  • 7月9日(火曜日) 中央コミュニティセンター
  • 7月11日(木曜日) 南コミュニティセンター

時間

午後7時~8時15分(受付は午後6時半から)

テーマ 社会のあり方から人権を考える

内容

スライドによる説明

  • 体験型研修
  • 講話(注:講話の模様は、動画配信します(後記(2)参照))
  • テーマ「社会のあり方から人権を考える」
  • 講師 
    7月2日 (火曜日) 森 沙織 さん  (福岡教育事務所 人権・同和教育室)
    7月4日 (木曜日) 吉川 しのぶ さん(福岡教育事務所 人権・同和教育室)
    7月9日 (火曜日) 森 沙織 さん  (福岡教育事務所 人権・同和教育室)
    7月11日 (木曜日) 川浪 沙織 さん (福岡教育事務所 人権・同和教育室)
  • 託児 無料(各期日の一週間前までに要予約)

コミュニティ別人権・同和問題研修会チラシ

(2) 講話動画配信(7月22日~7月31日)

時間

約45分間(市職員による基調説明と併せて約60分間)

配信期間

7月22日(月曜日)~31日(水曜日)

アンケート

動画を視聴後、アンケートの回答にご協力をお願いします。
◇動画配信期間に、ここから視聴できるようになります。

みんなで考えよう、同和問題

              • 同和問題R4-1
              • 同和問題R4-2

絵本で学ぶ 同和問題

  • 本カワウソ



カワウソ村の火の玉ばなし

著 山下 明生
絵 長谷川 義史
解放出版社(2011/6/17)

地域の古老の語りを、子どもたちも読みやすい絵本に翻案。

  • 本ひらがな


ひらがなにっき

著 若一の絵本製作実行委員会
絵 長野 ヒデ子
解放出版社(2008/9/20)

学校に行けず、苦労したおばあちゃんの日記。
元気にユーモラスに、文字を獲得する喜びが綴られる。

  • 本おたま


おたまさんのおかいさん

著 日之出の絵本制作実行委員会
絵 長谷川 義史
解放出版社(2002/12/1)

孫と三人暮らしのおかいさんの炊いたおかいさん(おかゆ)で、おなかも心もぽかぽか。

  • 本いのち


いのちの花

著 そのだ ひさこ
絵 丸木 俊
解放出版社(再版2003/6/1)

江戸時代にある「むら」で起こった過酷な史実を『原爆の図』の丸木俊による挿絵で再現。
 

紹介した絵本は、まどかぴあ図書館でかりることができます。
同和問題にかかわりのある絵本を通して、同和問題についてわかりやすく学んでみませんか。

もっと学びたいあなたへ

福岡県人権啓発情報センター ヒューマン・アルカディア

福岡県では、県民の人権意識の高揚をはかり、差別を許さない社会的雰囲気を広げていくため、人権啓発のより一層の充実や、県民一人一人があらゆる機会を通じて人権学習ができるよう、人権問題に関する研究、啓発活動に必要な各種の資料・情報の収集及び提供を行う啓発情報センター(ヒューマン・アルカディア)を設置しています。
同和問題をはじめ、様々な人権問題に関するセミナーや展示を実施しています。等身大のジオラマによる再現展示室の参観(入場料がかかります)、図書・映像資料の閲覧も可能です。

施設詳細はこちら

おすすめ人権ショートムービー

法務省が作成した人権に関する作品を紹介します。

「『わたしたちの声 3人の物語』いじめをなくすために、今」(YouTube)(外部サイトにリンク)

作品紹介:作者の中学生が、自らの重い体験を通して、命の大切さを知り、いじめを傍観することをやめた経験を基に、
「人権」について理解を深めていったプロセスを描いています。

「私たちが伝えたい、大切なこと~アニメで見る全国中学生人権作文コンテスト入賞作品~」(YouTube)(外部サイトにリンク)

作品紹介:作者の中学生が、実体験で感じたこと・思ったことを書いた作文がもとになっています。

「外国人と人権~違いを認め、共に生きる~」(YouTube)(外部サイトにリンク)

作品紹介:日本に住む外国人の方々の言語・宗教・習慣などの違いから、外国人をめぐって様々な人権問題が発生しています。
こうした状況を改善するため製作されました。

ほかにも、人権に関わるたくさんのショートムービーを、YouTubeで見ることができます。
アニメやドラマ調など幅広い形で、いろいろな内容の動画があります。一度見てみませんか。

このページに関する問い合わせ先

市民生活部 人権男女共同参画課 人権男女共同参画担当
電話:092-580-1840
ファクス:092-574-2053
場所:新館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。

7月は同和問題啓発強調月間です