メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > 大野城市の紹介 > 歴史と文化財 > おおのじょうの遺跡 > おおのじょうの遺跡/村下遺跡H地点

おおのじょうの遺跡/村下遺跡H地点

更新日:2019年11月18日

村下遺跡(むらしたいせき)は大野城市筒井(つつい)、上筒井(かみつつい)宝満神社(ほうまんじんじゃ)の北側で見つかりました。遺跡からは弥生 (やよい)時代の竪穴住居(たてあなじゅうきょ)跡や土坑(どこう)、ピットが見つかりました。このことから弥生時代の集落(しゅうらく)であったことがわかります。

発掘調査の様子写真
発掘調査の様子
(右側に見える四角が竪穴住居跡)

竪穴住居からはたくさんの遺物(いぶつ)が見つかりました。遺物には土器(どき)や砥石(といし)、鉄器(てっき)などがありました。この竪穴住居は2本の柱で建っており、床の一部がL字型に少し高くなっていました。

遺物が見つかった様子写真
遺物が見つかった様子

土坑からは17世紀代の陶器(とうき)が見つかりました。
これまでの調査でも、弥生時代と近世(きんせい)の遺構が見つかっていますが、古代(こだい)・中世(ちゅうせい)の遺構が見つかっていません。この間この地域(ちいき)の人々はどこへ行ってしまったのでしょう。これからの調査が楽しみです。

土器を丁寧(ていねい)に掘(ほ)っている様子写真
土器を丁寧(ていねい)に掘(ほ)っている様子

このページに関する問い合わせ先

地域創造部 心のふるさと館 文化財担当
電話:092-558-2206
ファクス:092-558-2207
場所:大野城心のふるさと館1階
住所:〒816-0934 福岡県大野城市曙町3-8-3

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。