メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

会社や商店などから出るごみ

更新日:2022年11月30日

会社や商店などの事業所から出たごみは、量が多い・少ないにかかわらず、法律で「自らの責任において適正に処理しなければならない」となっています。自己処理ができない場合は、次のいずれかの方法で処理してください。

事業系一般廃棄物の場合

  • 直接、処理場に持ち込む。(処理場で処理手数料の支払いが必要になります)(関連リンクを参照してください)
  • 地区指定の収集業者(市の許可業者)に収集を依頼する。(事業所指定ごみ袋の代金(処理手数料)および収集運搬料が必要です)(関連リンクを参照してください)

注意:産業廃棄物はこの方法では処理ができません。専門の処理業者に依頼してください。

事業所用ごみの正しい出し方パンフレット(PDF:1939KB)
 

事業所から出る古紙の処理方法

古紙回収業者に古紙等の処理を委託する

市内古紙回収業者(例)野田商店 福岡南営業所
住所:大野城市御笠川3-13-3
電話番号:092-503-0004

事業所古紙戸別回収事業を利用する

事業所から排出される古紙(新聞、雑誌、OA用紙、ダンボール等)を月一回無料で戸別回収しています。 利用希望の事業所は、下記まで電話で登録の申し込みを行ってください。地域によって回収日が異なります。下表を参考にしてください。

注意:通常の雨程度であれば決行します。大雨や台風等で警報発令時および休日の場合は翌日に延期します。
注意:古紙が多量に排出され、月一回の回収では足りない場合は、古紙回収業者に個別に収集を依頼してください。

福岡魚あらリサイクル推進店制度(関連リンクを参照してください)

このページに関する問い合わせ先

事業所から出る古紙の処理方法についての問い合わせ
 環境経済部 循環型社会推進課 ゼロカーボン推進担当
 電話:092-580-1886
 ファックス:092-572-8432
 メールアドレス:kankyo●city.onojo.fukuoka.jp(●は@に置き換えてください)
 場所:本館2階

上記以外の問い合わせ
 環境経済部 循環型社会推進課 生活環境・最終処分場担当
 電話:092-580-1889
 ファックス:092-572-8432
 メールアドレス:recycle●city.onojo.fukuoka.jp(●は@に置き換えてください)
 場所:本館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。