メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > ごみ減量・分別・リサイクル・マナー > 中身の入ったままのスプレー缶・カセットボンベで火災発生!

中身の入ったままのスプレー缶・カセットボンベで火災発生!

更新日:2020年10月26日

「その他のもえないごみ」の収集のときに、ごみ収集車内でスプレー缶・カセットボンベが爆発し火災が発生することがあります。
爆発が起きると、作業員がけがをしたり、近隣の住宅にも被害が出て大変危険です。

スプレー缶・カセットボンベで火災発生!1

正しい出し方

必ず中身を空にして、「その他のもえないごみ」で出す。

  • スプレー缶
    中身を排出する機能があるものもあります。詳しくはメーカーに問い合わせてください。
  • カセットボンベ
    中身を排出する機能はありません。中身を使い切れない場合は、春日大野城リサイクルプラザ (電話番号:092-596-7066)に事前に連絡し、直接持ち込んでください。

スプレー缶・カセットボンベで火災発生!2

このページに関する問い合わせ先

環境経済部 循環型社会推進課 生活環境・最終処分場担当
電話:092-580-1889
ファクス:092-572-8432
場所:本館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。