メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > くらし・手続き > ペット・動物 > かわいそうな猫を増やさないために(地域猫活動)

かわいそうな猫を増やさないために(地域猫活動)

更新日:2021年2月2日

猫の飼い主の皆さんへ

猫の写真

不妊去勢手術をしましょう

猫のイラスト

猫は年に2、3回出産し、すぐに増えてしまいます。
処分される子猫を減らすために、絶対に必要なことです。

飼い猫は室内で飼いましょう

飼い猫を室内で飼うことで、交通事故や感染症から守ることができ、近所とのトラブルの心配もなくなります。

絶対に捨てないでください

動物を捨てる行為は「動物の愛護及び管理に関する法律」に違反し、内容によっては100万円以下の罰金を科せられる犯罪です。
注:保健所での引き取りは有料で、事前に連絡が必要です。

飼い主のいない猫へのエサやりは責任を持って

エサを与えている人は、周囲への配慮を忘れず、エサを与えた猫に対して次の責任を持ちましょう。

  • エサの後始末をする
  • ふん尿の後始末をする
  • 不妊去勢手術をする

かわいそうだという気持ちで飼い主のいない猫にエサを与えると、どんどん子猫が生まれて、かわいそうな猫をさらに増やすだけでなく、近所に迷惑をかけることにもなります。

地域猫活動 人と猫の共生

環境省の住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドラインより抜粋

地域猫とは

地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫。
その地域にあった方法で、飼育管理者を明確にし、飼育する対象の猫を把握するとともに、エサやりやふん尿の管理、不妊去勢手術の徹底、周辺美化など地域のルールに基づいて適切に飼育管理し、一代限りの生を全うさせます。

地域猫活動の目的

「猫を助けたい方」と「猫に困っている方」が、飼い主のいない猫に関する問題を地域の共通課題として捉え、お互いの歩み寄りにより地域住民の間で合意し、長期的な視点で地域から飼い主のいない猫を減らしていくことを目的としています。

 

令和2年度より地域猫活動支援事業がスタートしました

「地域猫活動」とは、地域住民の合意のもと、その地域にお住まいの活動を行おうとする住民(活動グループ)が主体となって不妊虚勢手術や一定のルールに基づいた餌やり、トイレの管理などを行うことにより、猫による生活環境被害を軽減しつつ、猫に一代限りの生を全うさせ、数年かけて地域から飼い主のいない猫を減らしていく環境美化活動のための取組みです。

市は、地域の勉強会や不妊去勢手術費用(全額)など、地域グループの活動支援を行います。

活動のポイント

  1. 猫をただかわいがるのではなく、「管理する」活動です。
  2. 猫に不妊去勢手術をして、繁殖を防ぎます。
  3. 個人ではなく、地域の合意を得てグループで行います。
  4. エサ・トイレを管理し、周辺の環境を清潔に保ちます。

市の取り組み

大野城市では、公益財団法人どうぶつ基金が手術費等を全額負担する「さくらねこ無料不妊手術事業」に参加し、地域猫活動を行うボランティア団体等と連携してTNR事業を行います。

「さくらねこ無料不妊手術事業」とは、飼い主のいない猫に対し「さくらねこTNR(捕獲し、不妊去勢手術を行い、元の場所に戻す。その印として耳先をさくらの花びらのようにV字カットする)」を実施することで繁殖を防止し、「地域の猫」「さくらねこ」として一代限りの命を全うさせ、飼い主のいない猫に関わる苦情や殺処分の減少に寄与する活動です。

実施にあたっては、地域猫活動を十分に実施できるか確認するため、市との協議が必要です。希望する人は、環境・最終処分場対策課までお尋ねください。

このページに関する問い合わせ先

建設環境部 環境・最終処分場対策課 生活環境担当
電話:092-580-1887
ファクス:092-572-8432
場所:本館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。