コンテンツにジャンプ

トップページ > 安心・安全 > 大野城市民総ぐるみ防災訓練

大野城市民総ぐるみ防災訓練

更新日:2019年12月11日

【訓練は終了しました】大野城市民総ぐるみ防災訓練 sogu_1logo

令和元年11月30日(土曜日)、第1回目となる総ぐるみ防災訓練は終了しました。
参加者数等実績は以下のとおりとなりました。

報告

実施日時

令和元年11月30日(土曜日)午後2時~

場所

  • 避難訓練:市内44避難所(4コミ、25公民館、15小・中学校) 
  • 展示等:東コミュニティセンター・大利中学校・心のふるさと館

総参加者数(逃げタオル除く)

18,016人・10団体

  1. 避難者(参加住民):3,191人 
  2. 小・中学校/市立保育所(子ども):8,988人
  3. 小学校保護者引渡し訓練:4,444人 
  4. スタッフ等:1,393人 区役員等:622人 / 教職員:597人 / 市職員:174人
  5. 防災関係機関等:10団体(東コミ・大利中)

逃げタオル運動

参加世帯:5,617世帯
 
訓練へのご協力、ありがとうございました。
次回の訓練にも、是非ご参加ください。



(以下、当初掲載文)
災害発生時などに被害を最小限に抑えるため、生命・身体を守る適切な避難行動がとれるよう、子どもから高齢者まで、全ての市民が参加できる総合的な避難訓練「市民総ぐるみ防災訓練」を実施し、自助・共助・公助の連携による減災に努めます。
訓練内容は、これまでコミュニティごとに行われていた「総合防災訓練(6月)」と、「総合避難訓練(3月)」の要素を掛け合わせたものとなっています。地域・学校・行政のすべての組織が「同日、同時刻に一斉に訓練を行い、それぞれが行うべき行動や、担うべき役割と動きの再確認」を行うことを大きな目標としています。

 flyer
 

訓練日時・場所など

 日時

令和元年11月30日(土曜日) 午後2時開始
(午後2時5分頃、訓練用の緊急地震速報を放送します

場所

市内すべての小・中学校、コミュニティセンター、公民館
(小学校と一部の中学校では避難訓練の後、保護者引渡し訓練を実施します。)

 内容

地域

  • 自宅や職場などにおける安全確保行動:”命を守る、3つの行動”を実施しましょう!
    「姿勢を低く」「頭や体を守る」「ゆれがおさまるまで、動かない」
  • 逃げタオル運動の実施
  • 市内の各指定避難所への避難訓練
  • 各公民館、コミュニティセンターなどでの啓発活動
    (消火訓練、救命訓練、防災講話など、会場によってさまざまです)

学校(11月30日土曜日は、大野城市内の小中学校は登校日となります)

  • 教室などにおける安全確保行動”命を守る、3つの行動”
  • 校庭などへの避難訓練
  • 保護者引渡し訓練(小学校のみ)


活動の大まかなスケジュールは下の表のとおりですが、各会場によって活動が異なりますので注意してください。
当日の活動内容について詳しく知りたい人は、お住まいの区(公民館)やコミュニティセンターからのお知らせを見るか、問い合わせるなどしてください。
小中学校の児童・生徒、保護者の皆さんは、学校からのお知らせを確認してください。

訓練活動の基本的な流れ

会場によっては活動メニューが多少異なることがあります。

時間・想定地 域小・中学校等
住民コミ・各区児童・生徒等教員等
午後2時00分     訓練準備 オリエンテーション 
午後2時05分 地震発生
緊急地震速報
安 全 確 保 行 動
避難開始
逃げタオル実施
利用者・役員(職員)
等の安否確認、
施設の安全確認 
屋外(グラウンド)避難開始
午後2時15分   一時避難場所
での安否確認等
児童・生徒等の
安否確認
施設の安全確認
午後2時30分   指定避難所への
避難開始
避難所開設
避難者受付
・避難者名簿作成
一般避難者の
誘導、避難所設営、
避難者受付等
午後2時40分   児童・生徒への
指導・講評
午後2時45分  
午後3時15分
~訓練終了まで
実施団体毎に
随時終了
引渡し訓練、
下校又は教室へ
防災啓発等

関係機関展示

市内の2つ会場において、防災関係機関や災害時の応援協定締結事業者などによる、防災展示が行われます。

会場:大利中学校グラウンド、東コミュニティセンター

詳しくは、下表をご覧ください。

 大利中学校グラウンド東コミュニティセンター
参加機関
・企業など
  • 消防本部
  • 航空自衛隊
  • NTT
  • 西部ガス
  • 九州電力
  • 防災用品取扱事業者
  • 国土交通省九州地方整備局
  • 陸上自衛隊
  • 九州電力
  • 株式会社グッデイ
  • 防災用品取扱事業者
実施内容
  • 車両展示
  • 災害対応パネル展示
  • 自衛隊による炊き出し など
  • 車両展示
  • 災害対応パネル展示
  • 自衛隊による炊き出し など

災害伝承啓発展示 心のふるさと館

令和元年11月26日(火曜日)から、訓練当日までの5日間、大野城心のふるさと館1階「ジョーホール」において、災害伝承啓発展示を行います。

主な内容

  • 大野城市災害史年表
  • 大野城市に起きた過去の災害
  • 災害に関する伝説
  • 現在の災害、防災のススメ
  • 中学生被災地派遣事業報告展示  など

訓練の内容を簡単にまとめたPR動画を作成しました

このページに関する問い合わせ先

危機管理部 安全安心課 消防・防災担当
電話:092-580-1899
ファクス:092-572-8432
場所:本館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。