メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > 安心・安全 > 防災 > 防災・減災への取り組み > 家族みんなで防災会議・ふれあいのまちづくり

家族みんなで防災会議・ふれあいのまちづくり

更新日:2019年7月24日

家族みんなで防災会議

日ごろから家族で「防災会議」を行い、防災時の行動や役割を決めておけば、段取りよく行動できます。

役割分担を決めておく

予防対策の役割と災害時の役割を決めておきましょう。

家屋の危険個所チェック

家の内外に危険個所がないか調べましょう。

家族構成と使用期限に注意して、必要な品物がそろっているか確認しましょう。

家族が離ればなれになったときの避難場所を決めておきましょう。

ふれあいのまちづくり

阪神・淡路大震災は、「地域の人々が協力し合って、防災活動を進めることが大切」という重要な教訓を残しました。
特に、高齢者、子ども、病気や障がいのある人、外国の人など災害に弱い人には、地域のみなさんが支援の手を差し延べましょう。
これらの人々を災害から守るために、一人一人ができることを考え、災害弱者も安心して暮らせる地域こそが災害に強い地域です。
そのためには、次のように日ごろから地域のコミュニケーションを大切にしていくことが重要です。

  • 日ごろから災害弱者との交流を密にしましょう。
  • 近所の人と気軽にあいさつをしましょう。
  • 家族だけでなく、隣人にも関心を持ちましょう。
  • 祭りなど地域の行事に積極的に参加しましょう。
  • 地域で実施する防災訓練に参加しましょう。
  • 自主防災組織に積極的に参加しましょう。

このページに関する問い合わせ先

危機管理部 危機管理課 消防・防災担当
電話:092-580-1899
ファクス:092-573-7791
場所:新館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。