メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > 安心・安全 > 防災 > 災害時応援協定 > 災害時応援協定締結に伴う意見交換会を実施しました(筑紫薬剤師会)

災害時応援協定締結に伴う意見交換会を実施しました(筑紫薬剤師会)

更新日:2021年12月9日

 災害時の医療救護活動は、市民の生命・身体の安全を確保するうえで最も重要な応急活動の一つであり、避難所等における公衆衛生管理等は、大規模災害発生時に重大な課題となります。
 本協定により、災害発生時における避難所等での医薬品の調剤、服薬指導、管理など、円滑な医療救護活動を行うことができます。
 従来、災害時応援協定締結の際には、調印式を執り行っておりますが、協定締結時の新型コロナウイルス感染症の感染状況を考慮し、調印式は見送っておりました。今回、意見交換会を行い、大規模災害発生時の応援内容の確認等を実施しました。

応援内容

  1. 救護所等における傷病者等に対する調剤、服薬指導
  2. 救護所等における医薬品の管理
  3. 医薬品等に関する相談業務
  4. 医薬品の確保への協力
  5. 避難所における公衆衛生管理・検査・助言
  6. 医療チームへの同行

意見交換会1 
左から、一般社団法人筑紫薬剤師会 竹下常務理事、濱口副会長、宮谷会長、大野城市 井本市長、山本危機管理部長、若山長寿社会部長

このページに関する問い合わせ先

危機管理部 危機管理課 危機管理担当
電話:092-580-1966
ファクス:092-573-7791
場所:新館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。