コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 安心・安全 > 危機管理 > 国民保護計画 > 弾道ミサイルへの対応について

弾道ミサイルへの対応について

更新日:2017年6月2日

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用して、災害情報伝達システム(防災行政無線)でサイレン音(国民保護サイレン)とともにメッセージを流します。また緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

メッセージが流れた直後に取るべき行動について

  • 屋内にいる場合
    窓のない部屋に移動するか、窓からできる限り離れてください。
  • 屋外にいる場合
    近くのできるだけ頑丈な建物や地下に避難してください。
    近くに建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

さらに詳しい情報について

下記の関連リンクを参照してください。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

危機管理課危機管理担当
電話番号:092-580-1966
ファクス番号:092-572-8432
メールアドレス:kikikanri●city.onojo.fukuoka.jp(●は@に置き換えてください)
場所 市役所 本館2階(郵便番号:816-8510 大野城市曙町二丁目2-1)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。