コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > くらし・手続き > 保険・医療 > 子ども医療 > 子ども・重度障がい者・ひとり親家庭などの人に医療費を助成しています

子ども・重度障がい者・ひとり親家庭などの人に医療費を助成しています

更新日:2018年09月05日

子ども・重度障下記の対象者に当てはまる人で、医療証を持っていない人は、問い合わせてください。

  • 助成内容:保険が適用された医療費の自己負担分相当額を助成します。

注:0歳から2歳児までを除いて、一部本人負担があります。

子ども医療

対象者(生活保護を受けている人は除きます)

  • 中学生までの子ども

注意

  • 中学1年生から3年生までは入院のみ助成します。
  • 小学4年生から6年生までの入院費については、平成26年9月1日以降が支給対象となります。
  • 中学1年生から3年生までの入院費については、平成28年10月1日以降が支給対象となります。
  • 小学1年生から6年生までの通院費については、平成28年10月1日以降が支給対象となります。
  • 小学1年生から6年生までで、重度障害者医療・ひとり親家庭等医療を受けている人は除きます。

重度障害者医療

対象者(生活保護を受けている人は除きます)

  • 身体障害者手帳1・2級の人
  • 療育手帳がAの人(IQ35以下の人)
  • 身体障害者手帳3級かつ療育手帳B1の人(IQ36から50以下の人)
  • 精神障害者福祉手帳1級の人

注意

  • 所得制限があります。(特別障害者手当準拠)

注:3歳から小学生については児童手当準拠

ひとり親家庭等医療

対象者(生活保護を受けている人は除きます)

  • 母子家庭(母・児童)
  • 父子家庭(父・児童)
  • 父母のない児童

注意

  • 児童は小学校就学後から18歳の年度末まで。
  • 所得制限があります。(児童扶養手当準拠)
  • 配偶者が障がいなどにより長期にわたり労働力を失っている場合もひとり親家庭とみなします。

注:所得制限の対象となる年は、更新日(毎年10月1日)で変わります。所得が高いという理由で助成対象外だった人で、前々年より前年の所得が低かった人や扶養人数が増えた人は、10月1日以降の助成対象になる場合がありますので、問い合わせてください。

このページに関する問い合わせ先

市民福祉部 国保年金課 国保年金担当
電話:092-580-1846,092-580-1847,092-580-1848
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。