コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > くらし・手続き > 保険・医療 > 国民健康保険 > 被保険者証(保険証)・高齢受給者証 > 国保の高齢受給者証を70歳から74歳までの人に送ります

国保の高齢受給者証を70歳から74歳までの人に送ります

更新日:2018年07月13日

平成30年7月下旬に届く新しい受給者証は、平成29年中の収入に応じて、医療費の一部負担金の割合を見直したものです。平成30年8月からはその受給者証を使用してください。
なお、これまで被保険者証と高齢受給者証をそれぞれ交付していましたが、平成31年8月以降、被保険者証に一体化(被保険者証に負担区分が記載)されることが予定されていますので、次回の被保険者証の更新にあわせて、平成31年7月中に郵送します。
 

  • 昭和19年4月1日以前生まれ
    本人負担1割
  • 昭和19年4月2日以降生まれ
    本人負担2割

注:75歳からは後期高齢者医療保険へ加入するため、平成31年7月31日までに75歳になる人の有効期限は誕生日の前日

このページに関する問い合わせ先

市民福祉部 国保年金課 国保年金担当
電話:092-580-1846,092-580-1847,092-580-1848
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。