メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

胃内視鏡検診

更新日:2020年6月8日

安心のために、2年に1度は胃内視鏡(胃カメラ)検診を受けましょう!

対象者

大野城市民で50歳以上かつ偶数年齢の人(令和3年3月31日時点)
注1:2年に1回の受診です。対象者には、受診券を令和2年6月上旬に送付します。
注2:昨年度受診ができなかった人は6月から2月までに胃内視鏡検診受診券発行申請書(PDF:34KB)を記入し、すこやか長寿課に提出してください。受診券を受け取り後、受診ができます。

実施期間

令和2年7月1日(水曜日)から令和3年2月28日(日曜日)の診療時間内

検診料金

2,500円
注:生活保護世帯は無料。生活保護受給証明書を医療機関に提示してください。

必要なもの

  • 受診券はがき
  • 健康保険証
  • 検診料金
  • お薬手帳

場所

実施医療機関一覧(PDF:38KB)を確認してください。(事前に予約が必要です。)
注1:医療機関への予約の開始は6月8日(月曜日)からです。
注2:開けない場合は、担当課に直接連絡してください。

以下に該当する場合は受診できません。

  • 令和2年6月から令和3年2月までに市が実施する集団検診で「胃バリウム検査」を受診した人
  • 「胃バリウム検査」において要精密検査となった人
  • 消化性潰瘍等の胃疾患で治療中の人(ヘリコバクター・ピロリ除菌中の人を含む。)
  • 胃全摘術後の人
  • 疾患の種類に関わらず、入院中の人
  • 妊娠中の人
  • 咽頭、鼻腔等に重篤な疾患があり、胃内視鏡の挿入ができない人
  • 呼吸不全がある人
  • 急性心筋梗塞や重篤な不整脈等の心疾患がある人
  • 明らかな出血傾向またはその疑いがある人
  • 収縮期の血圧が極めて高い人
  • 全身状態が悪く、検診に耐えられないと判断される人

 

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

長寿社会部 すこやか長寿課 健康長寿担当
電話:092-501-2222
ファクス:092-584-5656
場所:すこやか交流プラザ
住所:〒816-0932 福岡県大野城市瓦田四丁目2-1

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。