メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > 市長室から > 市長執筆 > むねじのつぶやき(市長のフォトレポート) > むねじのつぶやき(市長のフォトレポート)【令和2年10月】

むねじのつぶやき(市長のフォトレポート)【令和2年10月】

更新日:2020年10月23日

地域の安全を守る人たち

 先週から今週にかけて、筑紫地区の安全と安心を守るまちづくり組織の集まりが続きましたので紹介いたします。

 

  • 1023 「暴力追放事業体等筑紫地区協議会」定例会

◆10月16日(金曜日)
「暴力追放事業体等筑紫地区協議会」定例会(大野城市役所)

 筑紫地区の事業体と公共機関並びに行政が一体となり警察と連携をとって、あらゆる暴力を追放排除する運動を展開しています。
 福岡県には指定暴力団が5団体あり、依然として市民生活を脅かす存在であることは間違いありません。今定例会では、福岡県警察で、工藤会の壊滅作戦を指揮された藪正孝氏(現・福岡県暴力追放運動推進センター専務理事)に暴力団の真の姿と市民運動のあり方について講話をいただきました。

 

  • 1023 第1回瓦田校区・白木原校区子ども見守り隊合同研修会

◆10月17日(土曜日)
「第1回瓦田校区・白木原校区子ども見守り隊合同研修会」(大野小学校)

 大野小学校区で瓦田・白木原両区合同の研修会が初めて開催されました。登下校時には、PTAの皆さんやシニアクラブ、民生委員・児童委員、福祉推進委員などの方々が児童の安全確保のために見守り活動を続けておられますが、今回は、瓦田区「かわら会」と白木原区「白木原子ども見守り隊」が一堂に集まり、春日警察署交通課の皆さんから「街頭における保護誘導活動」の留意点など、実技講習を交えて指導いただきました。

  • 1023 春日警察署交通課からの説明

 田中・白木原区長、藤田・瓦田区長、平野・大野小学校長はじめ60名以上の出席があり、子どものいのちを守る活動のこれからの広がりが大いに期待されます。 
 

 

  • 1023 筑紫地区安全安心まちづくり推進功労及び防犯功労等に対する表彰伝達式

◆10月19日(月曜日)
「筑紫地区安全安心まちづくり推進功労及び防犯功労等に対する表彰伝達式」(春日警察署)

 毎年開催している筑紫5市と関係機関による「安全安心まちづくり推進大会」を「3密」回避の観点から中止としたため、各種の表彰伝達式を春日警察署と筑紫野警察署で実施しました。

  • 1023 表彰伝達式 記念撮影

 受賞されたのは「おおのじょう少年消防クラブ」「牛頸区防犯パトロール隊」など、筑紫5市関係の48団体と個人22名です(当日は9団体、5名の方が代表して出席されました)。

 

 また、10月14日(水曜日)には春日警察署より令和2年度上半期の治安情勢についての報告を受けました。春日警察署管内の刑法犯認知件数や飲酒運転検挙件数は関係者の皆さんの活発な運動により減少傾向にありますが、これから年末・年始の年越し行事が続きます。ウィズ・コロナ社会での年越しのあり方はどうあるべきかなども考慮に入れながら、希望あふれる新年を迎えたいものです。事件、事故が増えてくる季節の到来です。地域の安全のため市民各位のご協力を宜しくお願いいたします。

(令和2年10月23日 井本 宗司) 


今、ふるさと館がおもしろい。

 「大野城心のふるさと館」は新型コロナウイルス感染症対策による緊急事態宣言を受けて2月29日から約3カ月間、休館を余儀なくされていましたが、その間に貯めていた職員のエネルギーが「日本遺産」の追加認定で今、爆発しています。10月8日(木曜日)に訪ねてみました。

◆コロナ禍で延期したミニテーマ展示「大野城市の戦争とくらし」(11月29日まで:無料)

  • 1016 ミニテーマ展示
  • 1016 大野城コレクション

 

◆企画展「発掘された大野城市の遺跡展」(3階企画展示室 11月29日まで:無料)

  • 1016 発掘された大野城市の遺跡展
  • 1016 日本遺産認定マーク

 

◆「大野ジョー」デビュー10周年記念企画・ロゴデザインの応募作品展示(1階ジョーホール 10月25日まで:無料)

  • 1016 入選作
  • 1016 応募作品

 

 ところで、10月12日(月曜日)には、「大野ジョー」の記念ロゴデザイン入選者の浜口ハルオさんへの表彰式を高知市とつないでリモートで行いました。

  • 1016 リモート表彰
  • 1016 みんなで「大野ジョー!!!」の掛け声

 

 これから12月にかけて、「大野城まどかぴあ」をはじめ、シビックゾーン内のそれぞれの施設では、工夫を凝らした催しが数多く企画されています。巣ごもりの間を縫って、ちょっと出かけてみませんか。

(令和2年10月16日 井本 宗司)


辞令交付の秋

 年度が切り替わる3月末から4月にかけて多くの辞令交付が行われますが、下半期に入る10月にも、任期満了などにより様々に退任や就任の辞令交付式が挙行されます。

〔10月1日(木曜日)・午前8時45分:朝倉市への派遣職員に対する辞令交付式と出発式〕

  • 20201007 朝倉市職員派遣出発式

 この辞令交付式は、2017年7月の九州豪雨から毎年のように被災が続く朝倉市における埋蔵文化財の発掘調査支援に、本市教育委員会 ふるさと文化財課山元瞭平文化財技師を朝倉市教育委員会 文化・生涯学習課へ12月31日まで派遣するためのものです。
 林裕二朝倉市長とは福岡県議会議員の同期生という関係もあり、今も懇意にさせてもらっています。前回の派遣においても、大野城市職員の働きぶりに高い評価をいただいていました。
 山元技師は辞令交付式終了後、激励の拍手を受け、直ちに朝倉市に向けて出発しました。

〔10月1日・午前11時:教育委員会委員の辞令交付式と感謝状贈呈式〕

  • 20201007 教育委員辞令交付
  • 20201007 教育委員への感謝状等贈呈式

 教育委員会委員の任期は4年です。市議会の承認を得て松本民仁氏は2期目、山口典子氏は新任。松本氏は子ども会育成会での豊富な経験を生かした1期4年の実績が評価されたものです。山口氏はPTA役員を経験されており、保護者の立場からの意見が期待されています。
 また、安部一枝氏は2期8年の長きにわたり、教育委員の重責を果たしてこられました。PTA活動の先輩として、また男女共同参画の観点からも本市教育行政の活性化に貴重な助言をいただきました。

 この他、今週から来週にかけて、「情報公開審査会」「もやいネット大野城」「防災会議」「環境政策審議会」「人権政策審議会」「個人情報保護審議会」各委員の就任辞令の交付と退任委員への感謝状贈呈等が粛々と進められていきます。

 コロナ禍社会においても、刻々と移ろう季節の中で、時を逸することなく、アフターコロナの新しい時代に備えなければなりません。それぞれに使命をもって構成された第三者委員会も、公平で公正な行政遂行のために、新しい人を迎え、さらに一歩前進しようとしています。
 今日のブログでは、非日常の中でも行政事務として例年どおりに行われている秋の風景の一部を紹介いたしました。

(令和2年10月9日 井本 宗司)


林田スマさん(大野城まどかぴあ館長)からの報告

20201002 林田スマ氏 受賞報告 

 令和2年度の「男女共同参画社会づくり功労者・内閣総理大臣表彰」を受賞された、大野城まどかぴあ館長の林田スマさんが9月30日(水曜日)に報告のため来庁されました(冒頭の写真)。
 例年であれば表彰は6月の男女共同参画週間(6月23日~6月29日)に、総理大臣官邸において総理大臣参列のもとで行われていますが、今年度は新型コロナウィルス感染症の影響で、福岡県において9月28日に伝達式が行われました。

 スマさんは、嘉麻市のご出身で、RKB毎日放送の元アナウンサー。私も高校・大学時代は、深夜放送「ユー・アンド・ミー」や「スマッシュ・イレブン」の熱心な聴取者でした。明るくて、聡明な語り口は今も変わりありません。
 1996年4月にまどかぴあ内に新しく設けられた「大野城まどかぴあ女性センター(現:男女平等推進センター)」の初代所長に就任ののち、2009年4月からは3代目大野城まどかぴあ館長を務めていただいています。(初代は故池田満寿夫氏、2代目は池田氏のパートナー・佐藤陽子氏)。
 現在もテレビやラジオの番組を中心に、企業や各種団体の講習会やシンポジウム、対談など多方面で活躍しておられます。いわば、大野城市にとっては偉大なる広告塔にもなっています。スマさん発案の「深夜放送同窓会」も9回目を迎えますが、今年が最後の同窓会となります。

 また、これまで、スマさんの声かけで、井上陽水さんやさだまさしさん、南こうせつさんなど、私にとっては青春時代のシンボリックなフォークシンガーの方々ともお会いすることができました。感謝するばかりです。

20201002 表彰状と記念トロフィー 

 内閣総理大臣表彰は、スマさんにとっては人生の一里塚かもしれませんが、男女共同参画社会づくり功労者としての真価が問われるのは、これからと思います。最近立ち上げられたという「GO WITH~林田カンパニー」(人と人とをつなげて何かできないかと仲間と一緒に創設…西日本新聞の聞き書きシリーズより)の活動とともに、大野城市のアドバイザー的存在として、館長職に磨きをかけていただくことをお願いしました。

(令和2年10月2日 井本 宗司)

 

むねじのつぶやき(市長のフォトレポート)【令和2年7月~9月】

このページに関する問い合わせ先

企画政策部 自治戦略課 秘書担当
電話:092-580-1801
ファクス:092-573-7791
場所:本館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。