コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 市政情報 > 市の政策 > ふるさと納税(寄附)でまちづくり!「ふるさと大野城」を応援してください > 寄附金の使途メニュー(詳細)

寄附金の使途メニュー(詳細)

更新日:2017年10月30日

メニューは次のとおりです。申し込みの際に、8のメニューから使途を選んでください。
なお、メニューに記載されていない事業へ寄附したい場合は、「このページに関する問い合わせ先」に問い合わせてください。

南地区高齢者移動支援事業への寄附

ふれあい号の写真
  
坂道が多い南地区では、高齢者が外出することが大変なため、ワゴン車で日常生活に必要なスーパーや病院、郵便局などを無料で巡回する事業を行っています。
南地区コミュニティ運営委員会で負担する運営費は、年間130万円程度が必要です。この事業の運営費に寄附していただくものです。
注:南地区コミュニティとは、牛頸区、若草区、平野台区、月の浦区、南ヶ丘1区、南ヶ丘2区、つつじヶ丘区の7区で組織する団体です。

保育所(園)への本等の寄贈

本2
  
子育てにおいて、幼児期は子どもたちの豊かな感性や想像力が育まれる最も重要な時期です。幼児期の子どもたちが、しないの保育所(園)で使用する絵本や紙芝居などの図書類、知育玩具等の保育備品を購入する費用を寄附していただくものです。

花いっぱい運動 花苗購入

花いっぱい運動の写真
  
市内を花と緑のあふれる美しい街にするため「花いっぱい運動」を行っています。毎年、春と秋の2回に分けて、色とりどりの季節の花を市内各所に植えています。
これらの花の苗の購入費を寄附していただくものです。花の苗は1株100~200円程度です。寄附によりさらに多くの花を咲かせることができます。

ふるさとの未来を担う若者の就学を支援してください!奨学資金

大野城市では、就学の意欲がありながら経済的理由で就学できない学生に奨学金を給付する制度があります。これは、篤志家からの寄附で設立した基金を運用し資金としていましたが、最近の低金利により基金が年々減少しています。
今後も意欲ある学生の就学希望がかなうよう、基金への積立金を寄附していただくものです。
注:奨学金の詳しい内容は、市奨学資金制度のページに掲載しています。

「歴史をつなぐ路」ふるさと納税

rekishinosannpo400.JPG
  
大野城市の市名の由来である大野城跡に人々をつなぎ、大野城跡を時代につなぐため、「大野城歴史の散歩道」、「大城自然の宝道」の2つの登山道を整備しました。
この美しい登山道を未来へつなぎ、残していくための維持管理費を寄附していただくものです。

「まどか号」AEDで市民を救う!!

aed
 
コミュニティバスまどか号を利用される皆様により安心してご利用いただけるよう、まどか号車内にAEDを設置するため、寄附していただくものです。また、設置と併せて車内にふるさと納税により設置された旨の掲示を行います。
注:コミュニティバスへのAED設置は県内初となります。

大野城心のふるさと館を応援してください!(大野城心のふるさと館運営事業)

ふるさと館CG
 
平成30年夏頃オープン予定の大野城心のふるさと館は、「ふるさと大野城」をまるごと体感できる施設です。歴史・こども・にぎわい(観光)をキーワードとして、これらの機能の融合によって、多様な利用目的で、世代を超えた交流を深めることができる施設です。まなびと体験のフィールドを市全域に広げていく拠点施設として、まちのにぎわいづくりにつながる事業を応援するために寄附していただくものです。

使途を指定しない(市長に一任する)

寄附金の使い途を特に定めず、大野城市にお任せいただくものです。頂いた寄附については、本市で使途についてしっかりと検討させていただき、本市住民の人やまちづくりなどに役立てていきます。

このページに関する問い合わせ先

企画政策部 自治戦略課 経営戦略担当
電話:092-580-1806
ファクス:092-573-7791
場所:本館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。