メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 子育て応援します! > 手当・助成・医療 > 各種手当 > 令和4年度から児童手当の制度が一部変更になります

令和4年度から児童手当の制度が一部変更になります

更新日:2022年06月01日

令和4年10月支給の手当(令和4年6月分)から、児童手当の制度が変わります。受給者には5月下旬にお知らせを発送します。

毎年6月に提出していた現況届の提出が原則不要になります

注:変更事項は届出が必要です。詳しい内容は、次の内容を確認してください。

令和4年度から、課税台帳などで受給要件を確認するため、原則、現況届の提出は不要です。ただし、次の人は引き続き提出が必要です。

  • 離婚協議中で配偶者と別居している人
  • 支給要件児童が無戸籍児童(戸籍や住民票がない児童)の人
  • 配偶者等からの暴力などにより、住民票の住所地が大野城市と異なる人
  • 法人である未成年後見人、施設や里親などの受給者
  • その他、大野城市からの提出の依頼があった人

注:対象者には、例年通り現況届の案内を送付しますので、提出をお願いします。
注:令和2年度、令和3年度の現況届が未提出の人は当該年度現況届の提出が必要です。
注:公簿等で所得情報等が確認できない場合や、配偶者の所得が高い場合は、別途、必要書類の提出や受給者変更の手続きが必要になります。(市からご連絡します)

変更事項は届出が必要です

現況届の省略に伴い、令和3年6月1日(令和3年5月以降に新規申請をした人は申請日)から令和4年5月31日までの間に次の変更事項があった人は届出が必要です。

1.配偶者と婚姻・離婚した(離婚協議中の受給者が離婚したときを含む)

2.大野城市外に住民票がある配偶者や児童の住所が変わった人

3.受給者が公務員になった(会計年度任用職員で所属庁の共済組合に加入した場合や出向が解除された場合を含む)

4.その他、対象児童を養育しなくなった

 注:届出がなく、手当の過払いが発生した場合、過払金を返還いただく場合があります。必ず届出をお願いします。

届出方法など

令和3年6月1日(令和3年5月以降に新規申請をした人は申請日)から令和4年5月31日までの間に次の変更事項があった人は届け出てください。

配偶者と婚姻・離婚した人または大野城市外に住民票がある配偶者や児童の住所が変わった人(上記の1または2に該当する人)

注:郵送での提出をご希望でダウンロードができない場合は、様式を郵送しますので子育て支援課へご連絡ください。
注:2に該当する人のうち、令和4年6月1日時点で受給者と、配偶者や児童が同居になっている人は、届出の必要はありません。ご不明点は市子育て支援課へご連絡ください。
注:別途書類の提出を求める場合があります。

受給者が公務員になった(会計年度任用職員で所属庁の共済組合に加入した場合や出向が解除された場合を含む)(上記3に該当する人)

注:郵送での提出をご希望でダウンロードができない場合は、
  様式を郵送しますので子育て支援課へご連絡ください。

その他、対象児童を養育しなくなった(上記4に該当する人)

状況により、消滅届の提出や受給者変更の手続きが必要になる場合があります。子育て支援課へご連絡ください。

受給者の所得が一定額以上の場合、児童手当などは支給されません

下表の限度額B以上の場合は、令和4年10月支給の手当(令和4年6月分)から、児童手当などは支給されなくなります。

限度額A以上B未満の場合は、従来どおり、児童手当は特例給付です(1人当たり月額5,000円になります。)

所得制限限度額(令和4年6月1日~)

  限度額A 限度額B
扶養親族の数 所得額 収入額の目安 所得額 収入額の目安
0人 622万円 833万3000円 858万円 1071万円
1人 660万円 875万6000円 896万円 1124万円
2人 698万円 917万8000円 934万円 1162万円
3人 736万円 960万円 972万円 1200万円
4人 774万円 1002万円 1010万円 1238万円


注:収入の目安は、控除前の額としてのおおよその額であり、参考値です。
実際は一律に控除する8万円のほか、医療費控除、雑損所得、小規模企業共済等掛金控除、障害者控除、ひとり親控除、勤労学生控除などを引いた額の所得額で計算します。

注:児童手当などが支給されなくなった後に限度額Bを下回った場合、改めて児童手当の認定請求書の提出が必要です。申請月の翌月分からの支給になりますので、申請が遅れないように注意してください。

支給月額(1人当たり)

  児童手当
 (限度額A未満)
特例給付
(限度額A以上B未満)
3歳未満 1万5,000円 5,000円
3歳以上
小学生
修了前
第1子
第2子
1万円
第3子以降 1万5,000円
中学生 1万円

注:養育する児童(18歳以後の最初の3月31日までの児童)のうち、年長者から第1子、第2子と数えます。

添付ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

こども未来部 子育て支援課 子育て支援担当
電話:092-580-1862
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。