メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > よくある質問

よくある質問

消防・防災・警察で検索した結果 33件中 1 ~ 10件目を表示しています。

1  2  3  4  次のページ


休日や夜の急患対応をしてもらえる病院について知りたい。

休日夜間当番医は大野城市ホームページの「休日夜間当番医」または、広報大野城に掲載しています。 ふくおか医療情報ネット、筑紫医師会ホームページもご利用ください。 なお、当番医は急に変更になる場合があ...

異物を誤って飲み込んだときの対処方法を知りたい。

異物を誤って飲み込んだときの心肺蘇生方法は、次の手順で実施します。 1.意識の有無を確認します。 2.意識のないときは、まず口腔内を確認し、確認できれば取り除きます。 3.口腔内で異物を確認できないときは...

救命救急(気道確保、人工呼吸、心臓マッサージ、AEDなど)について知りたい。

救命救急(気道確保、人工呼吸、心臓マッサージ、AEDなど)の手順については、春日・大野城・那珂川消防本部のホームページを参照してください。 春日・大野城・那珂川消防本部(TEL 092-584-1191) ...

担架のないときの傷病者の搬送方法について知りたい。

担架のないときの傷病者の搬送方法は、次のとおりです。 徒手搬送は、狭い場所、狭い階段で担架の使用ができないとき、及び二次的な災害や事故などの発生危険が大きく、担架を使用するいとまがない場合に限り用い...

やけどに対する応急手当の方法について知りたい。

やけどに対する応急手当の方法は、できるだけ早くこの熱を皮膚から取り除いてやることが必要です。そのためには、水道水等で十分に冷やして下さい。近くに多量の水がない場合には、清潔な布に浸してやけどをした...

応急手当講習会の実施予定について知りたい。

応急手当講習会の実施予定については、消防署までお問い合わせください。 《講習内容》 普通救命コース(3時間) 上級救命コース(8時間) 応急手当普及員講習(24時間) ※詳細は、春日・大野城・那珂川消...

傷病者が嘔吐した場合の対処方法について知りたい。

傷病者が嘔吐した場合、まず、傷病者の頭部と体を横に向けます。そうすれば、嘔吐物による気道閉塞の危険がなくなります。そして、布(ハンカチ)を指に巻いて、傷病者の口を清拭します。傷病者を元の体位(背臥...

溺れた人に対する応急手当の方法について知りたい。

溺れて意識がない人に対する応急手当は、溺れた人をすぐに水面で上向きにし、救助者の足が水底に届き立つことができた時点で、呼吸の確認を行い、人工呼吸を行いながら、水面から救助します。(飛込みを行ったよ...

一人でできる窒息した場合の対応方法について知りたい。

一人で窒息した場合は、自分のこぶしで腹部の上を素早く叩いてみる又は、どこか固いテーブルや椅子の縁に自分の上腹部を素早く圧迫してみて下さい。 【担当】すこやか長寿課 (TEL 092-501-2222)

SARSが流行した場合の予防方法が知りたい。

手洗い、咳・くしゃみなどの症状のある人が、マスクを使用することが最も重要です。 一般的には、手洗いの励行など個人衛生に気をつけること、体力や免疫力の強化、十分に睡眠をとり過労をさけることなどがあげら...