メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > よくある質問

よくある質問

届出・証明で検索した結果 212件中 31 ~ 40件目を表示しています。

前のページ 2  3  4  5  6  次のページ


印鑑登録の手続方法について知りたい。(本人確認書類がない場合、代理人の場合)

官公庁が発行した顔写真付きで有効期限内の本人確認書類(運転免許証、パスポート等)がない場合や、代理人の場合、申請を受けたその日に市民カード及び印鑑登録証明書を発行することができません。 提出書...

カテゴリー
届出・証明 > 印鑑登録

印鑑登録証を忘れた場合、本人が実印と運転免許証を持って行けば印鑑登録証明書(印鑑証明)を取得できますか。

印鑑登録証、大野城市民カードまたはマイナンバーカードがなければ、本人が運転免許証と実印を持参しても印鑑登録証明書の交付はできません。 本人が、官公庁が発行した顔写真つきの本人確認書類(運転免許...

カテゴリー
届出・証明 > 印鑑登録

市役所窓口での印鑑登録証明書(印鑑証明)の取得方法について知りたい。

印鑑登録証明書の請求は、印鑑登録がされていることが必要です。 印鑑登録の手続が済んでいる方には「印鑑登録証」または「大野城市民カード」をお渡ししていますので、申請書とともに、提示してください。 証...

カテゴリー
届出・証明 > 各種証明

印鑑登録を行った後すぐに印鑑登録証明書(印鑑証明)を取得できますか。

登録者本人が自ら窓口にて申請し、次のいずれかの条件にあてはまる場合に限り、即日で登録が可能となり、印鑑登録証明書(印鑑証明)を取得することができます。 特例条件 (1)官公署の発行した顔写真付...

カテゴリー
届出・証明 > 各種証明

外国人住民の住民登録方法について知りたい。(入国した場合)

外国人住民が入国した場合の手続方法は、次のとおりです。 提出書類 住民異動届 申請期間 住居地を定めた日から14日以内 ※3月以下の在留期間、「外交」「公用」の在留資格が決定された方は申請で...

特別永住者及び中長期在留者が住居地を変更した時の手続について知りたい。(日本国内での住居地の変更)

平成24年7月9日から、住居地を変更した場合、外国人住民も転出元と転出先の市区町村への届出が必要になりました。 届出の方法は日本人と同様です。ただし、特別永住者証明書若しくは在留カード(みなしを含む)の...

特別永住者証明書の申請に必要な証明写真は、証明用写真ボックスで撮影したものでも可能か知りたい。

証明写真は写真店・証明用写真ボックスどちらで撮影したものでも構いません。 最近3ヶ月以内に撮影したもので、正面上半身無帽、無背景、4cm×3cmのものを1枚お持ちください。 ※市役所で撮影することはできませ...

外国人の在留資格の期間延長、資格変更、再入国許可の手続方法について知りたい。

在留資格の取得・変更手続き、在留期間の更新手続き、再入国許可の申請手続きなどは、出入国在留管理局で行ってください。 出入国在留管理局での手続き方法は出入国在留管理庁のホームページを参照してください...

外国人の在留資格が3ヶ月未満の「短期滞在」の場合、住民登録できるか知りたい。

3ヶ月を越えて滞在する許可がなければ住民登録はできません。 在留資格が変更になり在留期間が3ヶ月を超えた場合は、出入国在留管理局で在留カードの手続きを行い、在留カードを持参のうえ、住民登録の手続きに...

特別永住者証明書(みなしを含む)の再交付申請の手続きについて知りたい。(紛失、破損等による再交付)

特別永住者証明書(みなしを含む)を紛失した場合や破損・汚損してしまった場合には、再交付手続きが必要です。 必要なもの (1)紛失・盗難などによる再交付申請の場合 ・旅券(所持する場合に限る) ...