メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > よくある質問

よくある質問

課税証明、非課税証明、所得証明、固定資産税に関する証明(評価証明等)などの取得方法について知りたい。(市役所本庁の場合)

提出書類

申請書

※市に提出する申請書は、市ホームページの「申請書一覧表」からダウンロードすることもできます。「申請書ダウンロードサービス」の利用上の注意を確認の上、利用してください。

申請窓口

証明コーナー

※課税(非課税)証明・所得証明は各地域行政センター(コミュニティセンター内)でも請求できます。

地域行政センター(コミュニティセンター内)で税務証明書を取得する方法を知りたい。

※未申告の方は申告が必要です。収入がない方も、申告後に証明書の発行ができます。

※収入がない方については、各地域行政センターでも申告の受付は可能です。ただし、開庁時間外の受付の場合は証明書の即日発行はできません。

※収入がある方が申告される場合は、市役所のみとなります。

コミュニティセンターの場所及び連絡先を知りたい。

申請者

本人(法人の場合は代表権を有する方)または代理人

※代理人が申請する場合は、委任状、代理人選任届又は同意書が必要です。

課税(非課税)証明、所得証明の委任状について

使用目的が特定のもの(児童(扶養)手当、保育所入所、就学支援、奨学金・授業料免除、扶養・社会保険料、年金関係、福祉・医療関係)かつ同一世帯の親族に限り、委任状を省略できます。

この場合、用途限定のスタンプを押しての発行となります。

申請方法

直接窓口または郵送請求

課税証明、非課税証明、所得証明、評価証明書等の取得方法について知りたい。(郵便請求の場合)

必要なもの

本人確認ができる書類(窓口に来られた方のもの)

本人確認書類について知りたい。(窓口の場合)

※法人の証明書の交付を請求する場合は、社名入りの法人印が必要です。ただし、委任状に法人印が押印してあれば持参する必要はありません。

手数料

1件につき300円  

評価証明・公課証明は1筆または1棟につき300円

以後、追加1筆または1棟ごとに100円を加算

納税証明書・軽自動車税車検(継続検査)用納税証明書の請求について知りたい(市役所本庁の場合) 

利用時間

月曜~金曜(午前8時30分~午後5時)

第2・第4土曜(午前9時30分~午後0時30分)

その他

課税(非課税)証明、所得証明を発行できる人は、大野城市で住民税が課税される人(1月1日現在大野城市に住んでいる人)で、申告書等のデータがある人です。

※申告書等のデータがある人

会社勤めの人

勤め先の事業者から「給与支払報告書」が市へ提出されている人

※「給与支払報告書」の提出の確認については、事業所または市役所で行います。

上記以外の人(年金所得者や個人事業主)

確定申告、市申告の該当年度分を行った人

年金収入のある人(遺族年金、障害年金は除く)

市民カードをお持ちの方で、必要な証明書の暗証番号を登録されている方は「しょうめい君」で、課税(非課税)証明(現年分のみ)、市県民税納税証明書(現年分のみ)を取得できます。

証明の内容や種類は提出先にご確認ください。

課税証明、非課税証明、所得証明、評価証明書等の取得方法について知りたい。(郵便請求の場合)

課税証明、非課税証明、所得証明が必要だが、申告をしていない場合の手続きについて知りたい

以前の課税証明等が取れるかどうか知りたい。

令和5年度(令和4年収入分)の課税(非課税)証明・所得証明はいつからとれますか?

 


【担当】市税課(TEL 092-580-1827)

カテゴリー
税金 > 税証明
お問い合わせ番号
FAQ071016500
更新日
2022年11月21日